アロマ氣光と女性重大疾患

アロマセラピーは女性重大疾患にも大変効果的です。

当協会ではアロマセラピーと気功(氣光)を組み合わせたアロマ氣光による、女性重大疾患の施療を推進しています。

 

乳ガンは女性の患者数第一位のガンです。30代後半から急増し、40代後半でピークになります。発生要因としては、女性ホルモンのエストロゲンが影響していると考えられています。初経の早かった人、閉経の遅い人、子供の数が少ない人、最初の出産年齢が遅い人はリスクが高い人です。要因は高脂肪、高エネルギー食(特に成長期から思春期)改善は鋼繊維食(穀類、豆類など)、良質のタンパク質に富んだ食品(チーズ、牛肉、魚類など)をとることです。最も代表的な症状は、乳房内にしこりができることです。また、ガンが周囲に広がってくると、乳房の皮膚にくぼみやひきつれなどが起こることがあります。自己検診の仕方ですが、乳ガンの早期発見に最も効果的なのは、人差し指から小指までの4本の指を伸ばして指腹で乳房全体をなでるようにして触ってみることです。入浴時石鹸ですべりやすくして触ってみてしこりがあれば、少しひっかかるような感触があるはずです。また、上半身を鏡に写し、両腕を上下させて乳房の動きや形の変化をよく見てみましょう。乳房の形が左右で違った場合はガンの可能性があります。

 乳癌はステージ3bで全摘手術を宣告されますが、23年間、アロマ氣光家の北里光道先生が直接関わった数百人のステージ3bの方々では、手術を選択した方々は亡くなり、アロマ氣光施療を選択した方々は大変元気に暮らしています。

大変健康な人でも、たった数日間ファステイングをしただけでもフラフラになるのに、乳房全摘大手術をして退院してから術後の身体の痛みや精神的ダメージの苦しみは想像に絶する、到底耐えきれるものではないのです。退院後自宅から外出すらできず、飲まず食べられず年老いた母親に、「お母さん死にたい」から何とかしてと懇願して苦しみぬいて、退院後半年で亡くなった大変痛ましい事実から目をそむけずには入られません。まだまだ沢山の事実があります。全滴出手術を選択せずに、北里先生のアロマ氣光を選択された方々の自分の免疫力を信じて、天地宇宙の氣と北里先生を信ずる事が素晴らしい結果を導きます。

 

乳ガン検査は、通常5つの段階があります。

1,触診

2,エコー

3,マンモグラフィ検査

4,マンモトーム生検

5,手術

 

マンモトーム生検の段階で、乳ガンが発見された場合、抗癌剤を投与されます。

 

このように、触診から始まっていくのですが、

現在の病院は特に検査専門クリニックでは3番のマンモグラフィ検査から始まるのが多いのです。

 

北里先生は23年間で乳癌に関しては今まで数千人の方々と向き合ってきました。直接施療だけでも1000人以上になります。

5人の女性がそれぞれ北里先生にご相談して3人が施療しました。お二人は施療しませんでした。沢山の方々が相談して来ましたが、中でも手術を選択した方は、残念ですがご容態が悪化して、痛みなどに苦しんで旅だたれました。

北里先生のアドバイスに従って乳房温存手術や全摘出手術を断り、アロマ氣光療法を受けた女性はガン細胞が消滅し、乳ガンが完治されました。

一方で、アロマ氣光療法を受けていない女性は、手術をしてしまった結果、お亡くなりになられました。

 

一人でも多くの方の尊い命を救うため、当協会は広くアロマ氣光を推進していく所存です。